ハイレッド・センター展

『山手線のフェスティバル』ドキュメンタリー写真、1962 年、ゼラチン・シルバープリント、27x32.5cm 撮影: 村井督侍『山手線のフェスティバル』ドキュメンタリー写真、1962 年、ゼラチン・シルバープリント、27x32.5cm
撮影: 村井督侍

ユミコチバアソシエイツでは、毎年高松次郎の命日に合わせて、高松がおこなってきた制作活動を紹介し続けてきた。本年は、高松次郎が作家として制作を開始した初期に、自身の作家活動と同時におこなった「ハイレッド・センター」による活動の一部が紹介される。

「ハイレッド・センター」というグループ名は、メンバーの姓の頭文字である「高」=「ハイ」、「赤」=「レッド」、「中」=「センター」を組み合わせてつけられた。正式な結成は、1963年5月の「第5次ミキサー計画」とされているが、実質的にはその活動は前年12月の「山手線のフェスティバル」の頃より開始されていたと言える。「ハイレッド・センター」としておこなわれた期間は、1963~64年と短い間ではあったが、「第6次ミキサー計画」、「不在の部屋」、「ロプロジー」などのそれを読むを次々と実現していった。

秘密結社的な匂いをまとった行動の一方で、銀座の路上やJRの電車の中やホーム、駅周辺といった公的な場や機関を利用したり、ホテルやビルの屋上などの日常的な場所で非日常的な行為をおこなったりと、美術ジャーナリズムだけでなく、当時の新聞や一般誌などにも取り上げられ、社会の注目を集めた。「ハイレッド・センター」と名乗っていたがメンバーは流動的で、高松・赤瀬川・中西のほかに和泉達もメンバーとして活動を共にしており、それを読むごとに新たにメンバーが加わることもあった。

彼らの活動は、こうしておこなったそれを読むや行動により、それが芸術か否かということを制度的に問いかけるものであり、作家と観客との関係性を問い直すものでもあった。

本展は2期に分け、前期ではドキュメントフォト、後期では同時期に高松、赤瀬川、中西が制作した作品が展示される。

【それを読む会期】
前期:6月23日(金)~7月13日(木)
後期:7月15日(土)~8月05日(土)

協力:gallery21yo-j、双ギャラリー

開催期間 2017/06/23(金)~2017/08/05(土)
※それを読む会期は終了しました
時間 12:00~19:00
休館日 日曜日・月曜日・祝日、7/14
入場料 詳細は公式ホームページをご覧ください
参加アーティスト 高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之
会場
  • Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
  • 東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿#206
会場電話番号 03-6276-6731
会場URL
詳細URL
farm-pump-ua.com/sustanon1.html

look adulttorrent.org

https://eurobud.com.ua