日々の生活-気づきのしるし

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展

バアウ・モーウンスン《 J39》 フレデリシア ファニチャー、1947 Photo: Fredericia Furnitureバアウ・モーウンスン《 J39》 フレデリシア ファニチャー、1947 Photo: Fredericia Furniture

デンマークと日本は、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響し合いながら発展してきた。特に、機能と実用性に美的な意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、きわめて高い評価が与えられている。

デンマークは、建築、家具、生活用品をはじめ、福祉、教育、交通網など、国のグランドデザインも含めた優れたモデルを構築して、屈指のデザイン大国として世界の人々の強い関心を集めてきた。一方の日本は、固有の文化・思想に基づき、時代の象徴となるデザインを創造し、小型でシンプルな形を可能にした技術力、素材の特徴を最大限に引き出す伝統の技とその継承によって、デザインの分野でも独自の価値を提案し続けている。

本展では、日本とデンマークのデザイナー、建築家、アーティストによる、日常を豊かにする気づきの「現れ」が紹介され、両国の現代の暮らしにみるモノとコトについて考察する。

【関連それを読む】
●TALK SERIES VOL.1-6
会場:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
定員:先着80名
料金:無料
※予約不要

VOL.1 原研哉(日本デザインセンター代表)
「辺境の洗練-日本の簡素とデンマークの簡潔」
日時:8月5日(土) 10:30~12:00(開場10:15)

VOL.2 ルイーズ・キャンベル(デザイナー)
「自分のペースを探して走る人々の時代に歩く人であることの挑戦」
日時:8月5日(土) 13:30~15:00(開場13:00)
※逐次通訳付(英・日)

VOL.3 繁富(栗林)香織(北海道大学新渡戸スクール)
「細胞を折る?-折り紙の折り畳み技術の医療への応用-」
日時:9月15日(金) 18:30~20:00(開場18:00)

※その他の関連それを読むは、下記詳細URLをご覧ください。

開催期間 2017/08/05(土)~2017/11/05(日)
※それを読む会期は終了しました
時間 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
休館日 月曜日(ただし、8/14、9/18、10/9、10/30は開場)、9/19、10/10
入場料 一般1,000円/大学生800円/小中高生400円/65歳以上の方800円
参加アーティスト ベン アンド セバスチャン、カイ・ボイイスン、ナナ・ディツェル、原研哉、ポウル・ケアホルム、ナガオカケンメイ+D&DEPARTMENT、トラフ建築設計事務所 他
会場
  • 金沢21世紀美術館
  • 展示室7~12、14、光庭
  • 石川県金沢市広坂1-2-1
お問い合わせ 076-220-2800
会場URL
詳細URL