Gottingham「Space for Others」

“Office #1” from the series “Space for Others”, 2017. Digital chromogenic transparency in artist’s frame. 99.0 x 74.8 x 0.80 cm. © Gottingham / Courtesy of the artist, Studio Gottingham.“Office #1” from the series “Space for Others”, 2017. Digital chromogenic transparency in artist’s frame. 99.0 x 74.8 x 0.80 cm. © Gottingham / Courtesy of the artist, Studio Gottingham.

写真家・Gottinghamによる「Space for Others」が、CAGE GALLERYで開催される。

コラボラティブコミッションワークを中心に活動するGottinghamは、美術、デザイン、メディアといった表現領域を曖昧化し、多義的な物語を内包した作品を生み出す写真家だ。その活動は、コラボレーターからの企画内容を原作として捉えて独自の解釈を与え、出来事を起こすなどの演出によるパラノーマルな世界観の表現で知られる。「変容」を曖昧化のひとつとして重視するGottinghamのアプローチは、インスタレーション、Webデザイン、広告出版物といった多様な派生作品を展開させながら、作品や作者の固有性という、創造における神話的概念に括弧をつけてみせる試みといえるだろう。

本展は、建築家・中山英之とのコラボレーションにより生まれた写真シリーズの一部で構成される。このシリーズにおいてGottinghamは、中山英之建築設計事務所による「弦と弧」を題材に、建築から受けたパラノーマルな感覚-たとえば、既存のフロアという概念が成立しない階層の曖昧さ、扉、窓、壁へと変化する仕切り、仕事場兼住宅であるにも関わらずそのいずれの目的の場所とも思えないという印象-を、光と影の緻密な設計を行うことで、特定のものを主役としないマイクロナラティブな光景を立ち上げ、増幅しようとする。「印象の演出」とも呼べるこの表現は、今回独自に開発されたライトボックスなどを用いる本展のインスタレーションへと拡張され、その効果はさらに増幅されるだろう。

「建築写真」という表現領域、機能を経由しながらも、独自の解釈によるパラノーマルな世界の現出を試みるGottinghamのプロジェクトを、ぜひこの機会にご覧いただきたい。

開催期間 2017/10/07(土)~2017/11/26(日)
※それを読む会期は終了しました
時間 点灯時間:11:00~20:00
休館日 会期中無休
入場料 無料
参加アーティスト Gottingham
会場
  • CAGE GALLERY
  • 東京都渋谷区恵比寿2-16-8 1F
会場URL
詳細URL
learn more adulttorrent.org

www.rs-clinic.com.ua

также читайте rs-clinic.com.ua