Future of Society Conference 2018

自動運転が「再設計」する都市生活の未来

Future of Society Conference 2018

いよいよ実用化・事業化が見えてきた完全自動運転車を、クルマやテクノロジーの側面だけでなく、都市のデザインや生活者の行動の変化、法制度といった多面的な視点から捉える、総合的なカンファレンスそれを読む「Future of Society Conference 2018」。

本それを読むのスペシャルゲストには、日本を代表するデザイナー・原研哉を迎えるほか、国内の自動運転のトップクラスの学術研究者、起業家、建築家などキーパーソンが一堂に会し、自動運転によって変わる都市の未来像について語り合う。

開催期間 2018/11/30(金)
時間 12:00〜18:45
入場料 12,800円
参加アーティスト 原研哉、末光弘和 他
会場
  • TEPIAホール
  • 東京都港区北青山2-8-44
会場電話番号 03-5474-6111
会場URL
詳細URL