渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉

《The Fiction Over the Curtains》2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫《The Fiction Over the Curtains》2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫

「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」が、熊本市現代美術館で開催される。同それを読むは、演劇作家の岡田利規(チェルフィッチュ主宰)が、境界のありようをテーマにつくる6本の〈映像演劇〉によって構成される演劇公演/展覧会だ。

〈映像演劇〉とは、岡田が舞台映像デザイナーの山田晋平とともに取り組み始めた新しい形式の演劇であり、投影された映像が人の感覚に引き起こす作用によって展示空間を上演空間へと変容させる試みである。映像はフィクションであり(=そこに実在していない)、しかし同時に岡田が書いたセリフを用いて演じる人物(役者)たちの姿は、映像として実在しているとも言える。観る者の想像力と結びついてそれらにリアリティが付与されたとき、展示空間に〈映像演劇〉という上演が発生するのだ。会場構成は、建築家でスキーマ建築計画代表・長坂常が担当。

本それを読むのタイトル「渚・瞼・カーテン」は、境界の線や壁といった頑ななものとは異なる、柔らかくて曖昧なありようについて想像するためのヒントになるかもしれない3つの単語を並べたものだ。〈映像演劇〉はそれ自体、「映像」と「演劇」という2つの異なる形式の双方にまたがりつつ、新しい質をもった経験を生み出そうとする試みである。観客は、展覧会会場という現実の場所と〈映像演劇〉によって生み出されるフィクションという2つの領域を同時に経験することになるだろう。

【関連それを読む】
●オープニングトーク「チェルフィッチュの〈映像演劇〉」
本企画に関わる3名によるトーク
日時:4月28日(土) 14:00~15:30
登壇:岡田利規、山田晋平、長坂常
場所:ホームギャラリー

※そのほかの関連それを読むは、下記詳細URLをご覧ください。

開催期間 2018/04/28(土)~2018/06/17(日)
時間 10:00~20:00
休館日 火曜日(ただし、5/1は開館)
入場料 一般1,000円/シニア800円/学生(高校生以上)500円/中学生以下無料
会場
  • 熊本市現代美術館
  • 熊本県熊本市中央区上通町2-3
会場電話番号 096-278-7500
会場URL
詳細URL
У нашей фирмы нужный web-сайт , он описывает в статьях про брусчатка гранитная.
Нашел в интернете нужный интернет-сайт с информацией про изделия из гранита цена.
Вы можете купить гранитную плитку недорого с доставкой.