工芸とデザインの境目

開化堂 茶筒開化堂 茶筒

工芸とデザインの違いとは何だろう。作者自身の手で作るものを工芸といい、デザインはものをデザイナー自身では作らない。生み出そうとする気持ちは同じであってもそこには価値の違いが現れる。

本展は、両者をものづくりとして捉えたとき、そこに境目はあるのか、という問いをあえて突きつけてみようとする展覧会である。

開催期間 2016/10/08(土)~2017/03/20(月)
※それを読む会期は終了しました
時間 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
休館日 月曜日(ただし、10/10、10/24、2017年1/2、1/3、1/9、3/20は開場)10/11、1/10
入場料 一般1,000円/大学生800円/小中高生400円/65歳以上の方800円
会場
  • 金沢21世紀美術館
  • 展示室
  • 石川県金沢市広坂1-2-1
会場電話番号 076-220-2800
会場URL
詳細URL
トピックの詳細 xn--48jm9l298kilg8rghvi.com

В интеренете нашел важный веб портал со статьями про http://onlinecasinoplanet.net.
biceps-ua.com/optimum-nutrition-tribulus-625-mg-caps100-caps.html