第20回 亀倉雄策賞受賞記念「中村至男展2018」

第20回 亀倉雄策賞受賞記念「中村至男展2018」

1997年に急逝したグラフィックデザイナー・亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として、1999年、亀倉雄策賞が設立された。この賞の運営と選考は公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が行い、毎年、年鑑『Graphic Design in Japan』出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に対して贈られる。第20回は、中村至男の個展の告知・出品ポスター「中村至男展」に決定した。

中村は、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)を経て、1997年に独立。21_21 DESIGN SIGHT「単位展」のメインビジュアルや、銀座メゾンエルメスのウインドウディスプレイ、アートユニット「明和電機」の一連のグラフィックデザイン、雑誌『広告批評』のエディトリアルデザイン、佐藤雅彦とのプロジェクト「PlayStation『I.Q』」など、ユニークな世界観でグラフィックデザイナーとして活動をしてきた。近年では、初めての絵本『どっとこどうぶつえん』がイタリアのボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞、松山市立子規記念博物館のポスターで東京ADC賞を受賞するなど話題を集めている。

今回の受賞作品は2017年1月、クリエイションギャラリーG8で開催された初個展「中村至男展」の、告知および展示のための新作ポスター。ミニマルな線やフラットな色面構成により、生命を独自の切り口で表現した、ユーモアが絶妙なバランスで混在するその作品は、「テクノロジー寄りのものではなく、非常に人間的なナイーブさを持つ“新しさ”がある」「グラフィックの新しい鉱脈を探り当てた」と高く評価された。本展はこの受賞を記念して開催される。

※関連それを読むは、下記詳細URLをご覧ください。

開催期間 2018/04/06(金)~2018/05/16(水)
時間 11:00~19:00
休館日 日曜日、祝日、4/29~5/6
入場料 無料
参加アーティスト 中村至男
会場
  • クリエイションギャラリーG8
  • 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル 1F
会場電話番号 03-6835-2260
会場URL
詳細URL
https://optiontradingstrategies.net

engi.kiev.ua

optiontradingstrategies.net