学芸出版社
学芸出版社のおすすめ書籍

そこが知りたい!人体デッサン

形・質感・色を描くためのコツと手順

そこが知りたい!人体デッサン

我流の「イラスト」から、本格的な「デッサン」に進みたい人のために、「教えるプロ」が贈る手引き。

初心者のコアな疑問を集め、「木炭」「鉛筆」による著者自身の豊富な作例をもとに、形・質感・色と陰影を表現する手順とポイントを丁寧に図解。あらゆる絵画の分野に進むうえで役立つ人体デッサンの基礎と応用が学べる一冊。

海斗(美術解剖学モデル、アトリエROJUE総合プロデューサー)おすすめコメント

世の中にデッサンの教本はたくさんあります。毎年新しい本が出され、いまの時代の要請に沿って「人を描く」ということに焦点を当てたものも少なくありません。単に人を描くための教本は世の中にあるものの、ヌードという人体の描き方に焦点を当て、教えることのプロであるインストラクターが、その技術のエッセンスを惜しげもなく披露する、そういった3つの要素を網羅した教本は実はほとんどありません。ヌードデッサンはモチーフが裸体ですから、教えてもらえる機会や、描く機会そのものがそもそも多くはないものかもしれません。他方、人類は紀元前から人体をモチーフとして芸術作品を産んでおり、今の時代までそれは連綿と引き継がれているのです。そして今後も引き継がれてゆくことでしょう。


そういう人体をアートの題材とするアカデミズムを後世に伝える役割はそれぞれの時代で誰かが担ってきたのですが、現代の日本においてアトリエROJUEが果たした役割は小さくありません。アトリエROJUEはインストラクター・渡邊一雅が率いる人体デッサンを専門とする京都のスクールで、丸味や起伏のある人体を紙という2次元媒体の上に3D表現する技法を一貫して教習してきたスクールです。その歴史の中でファンアートのみならず、デジタル時代が要請するゲームやイラスト、キャラクター造形といった分野に巣立つ生徒を数多く輩出することで、アカデミズムと現代をつなぐ役割を果たしてきました。


東京都がクールジャパンを世界に発信すべく編纂した『アニメの教科書』にも紹介された渡邊一雅の人体描画技法は、アトリエROJUEにおける教練のエッセンスでもありますが、そのエッセンスがデッサン教本となって著されることになりました。いままでは渡邊一雅の口伝であった人体デッサンのノウハウがここに記されています。世の中の教本にはひと通りのことは書いてはありますが、一歩進んだその向こう側が知りたいと思っていた読者にはまさに「そこが知りたかった」という内容が散りばめられた教本になっています。また、教えるプロであるインストラクターが著した本ですから、難解なこともありません。この本は、世の中のさまざまな本を参照しながら独学を続ける人たちへの強力な福音となるのです。


発行 学芸出版社
著者 渡邊一雅
装丁 山本剛史(KOTO DESIGN Inc.)
仕様 B5判、156ページ
価格 2,400円(税抜)
ISBN 978-4-7615-2664-1
www.adulttorrent.org/search/pumping muscle Kent R

xn--e1agzba9f.com

surrogate finder