そして、暮らしは共同体になる。

「新しい共同体感覚」を描く、現代人必読の一冊

そして、暮らしは共同体になる。

ジャーナリスト・佐々木俊尚による、「暮らし」をテーマにした最新刊。

震災や経済危機を経た不安と混乱のこの時代、人々は何を求めて生きているのだろうか。現在トレンドの「持たない暮らし」や「ていねいな暮らし」に代表されるように、ミニマリズムの実践者たちに注目が集まり、食の安全やていねいな暮らしをサポートするビジネスが求められはじめている。

素朴で健全な食材をネットを通じて提供する企業「オイシックス」、日常の喜びを大切にすることを提案するWebメディア「くらしのきほん」、細やかなニーズに応えるスーパー「成城石井」、シェアハウスよりも緩やかにつながりあう「コレクティブハウス」、Web上で文化を共有するECサイト「北欧、暮らしの道具店」…。

取材を通じて見えてきたのは、「上へ」の上昇志向ではなく、「外へ」のアウトサイダー志向でもない、「横へ」のつながりを大切にする暮らし方。それぞれの企業やメディア、個人の取り組みを紹介しながら、新しく立ち上がりつつある共同体の核心を描き出した、著者渾身の一冊。

出版 アノニマ・スタジオ
著者 佐々木俊尚
装丁 漆原悠一(tento)
装画 nakaban
仕様 四六判変型、並製、358ページ
価格 1,600円(税抜)
ISBN 978-4-87758-755-0 C0095
Тестораскаточная машина купить

www.np.com.ua

oncesearch.com/details/k-klixen-productions-k-daniela-femme-fatale-1080p-107181